現在のページ: ホーム > すべての製品 > Web パーツ > 管理 > AD Self Service

SharePoint AD Self Service

Active Directory の情報をユーザー自分が編集することができる;

管理者がActive Directory プロパティを編集可否に設定できる;

web パーツで利用可能なプロパティとタブを追加、変更、削除できる;

プロパティ更新時に、シスタム管理者や本人の上司に通知メールを送信できる;

タブとプロパティをドラッグ&ドロップできり、web パーツの外観をカスタマイズできる;

更新履歴ロゴを提供する。

  • 説明
  • チュートリアル
  • 仕様

Active Directory アカウント情報をSharePoint ユーザー自分がメンテナンスできるSharePoint web パーツです。

既定では、SharePoint ユーザーのプロファイルはADに保存されます。そして、Active Directory だけでプロファイルを管理できます。数名のシスタム管理者のほか、ほとんどのユーザーが自分のAD情報の変更ばかりか、アクセスもできません。SharePoint AD Self Service web パーツはユーザー個人がAD情報を管理することで、管理者にとってユーザー管理の手間を大幅に削減することが可能です。

SharePoint AD Self Service web part

さらに、SharePoint AD Self Service Web パーツによって、シスタム管理者がメンテナンス権限(どのユーザができるか、どのAD プロパティが編集できるか)を完全に制御できます。そのために、 どのユーザーを編集するかによって、更新できるプロパティが異なります。更に、更新時に管理者や本人の上司に通知メールを受信する機能を提供します。ADプロパティの変更または変更試行を記録したロゴファイルも管理者に用意します。ロゴファイルの有効化はユーザーのビジネス情報安全を簡素化できます。

Configure AD Self Service web part settings in SharePoint Central Administration

ドメインの管理者はAD Self Service web パーツに各タブとプロパティを管理できます。ドメイン管理者はADプロパティを編集可能、読み取り専用または隠しにすることも可能です。さらに、新しい意プロパティを新規追加できます。表示スタイル(入力できるテキストボックス、管理者手動作成ドロップダウン リスト及び他のSharePoint リストから参照するドロップダウン リスト)のカスタマイズ指定で、Web パーツィの外観もカスタマイズできます。アイテムのドラッグ & ドロップも可能です。こうしてレイアウトの変更は容易に達成できます。

 

Customize the appearance of the SharePoint AD Self Service web part

Our Customers
Trusted by over 10000 companies