現在のページ: ホーム > すべての製品 > 製品バック&スイート > ビジネス インテリジェンス > Lookup Pack

SharePoint Lookup Pack

サイトを跨ぐ列を参照する;

同じリストの他の列(親列)に基づいて、フィールドの値をフィルタする;

リスト ビューを選択して、フィールドの値をフィルタする;

SharePoint Cross-Site Lookup 列、SharePoint Cascaded Lookup列、標準の参照列の間相互に変換できる;

フィルタ 列を利用して値をフィルタする;

ドロップダウン リストの選択肢が多い場合に、ドロップダウンから入力でき、選択過程をより速く、より簡単に実現する;

  • 説明
  • チュートリアル
  • 仕様

SharePoint Lookup Pack はSharePoint Cross-Site Lookup、SharePoint Cascaded LookupとSharePoint Lookup Trackerから成る強力な参照ツールです。SharePoint参照機能を十分に活用させます。

Cross-Site Lookupは、同一サイト コレクションでサイトを跨ぐ参照できます。また、参照時に特定のビューを指定することができます。ドロップダウン リストの選択肢が多い場合に、ドロップダウンから入力できます。入力内容に完全に一致するまたは部分に一致する内容は強調に表示されます。

Filter list items according to a view defined in the source list

Find-as-you-type functionally automatically selects items in the dropdown menu that match the text you have entered

Cross-Site Lookupは他のリストまたはサイトに所在するフォールダの参照機能も提供します。アイテムのビューまたは編集際に、フォールダの内容は表示されます。

Cascaded Lookupも同一サイト コレクションでサイトを跨ぐ情報を参照します。また、フィルタ列を使用することで、列の値をフィルだでき、現れるオプションの数を減少します。 親-子列を使用することで、同一リスト内の列の間に親子の関係を築きます。それによって親列での選択した値は子列で現れるオプションを決定します。(例えば、例えば、列「大陸」は列「国」の親列です。そのために、「アジア」を選択するのは、列「国」に現れるオプションをフィルタできます。つまり、アジアにある国はオプションとしてロップダウンリストに表示されます。列「国」は「県」の親列ですが、列「国」に選択した値は列「県」の現れるオプションをフィルタします。同じ道理で、列「県」は列「市」の親列で、列「県」に選択した値は列「市」の現れるオプションをフィルタします)

The 'State' field filters the options presented in the 'City' dropdown menu

SharePoint 参照列はよく使われます。SharePoint 参照列を使用することによって、ユーザーが他のリストにある情報を易く取得できます。ですから、情報はどのリストを参照しているかどれらのリストに参照されているを了解する必要があります。SharePoint Lookup Tracker は、アイテムに関連するすべての参照情報を表示するへのリンクを提供します。このページで、アイテムはどれらの情報を参照しているかを表示するではなく、どれらの情報に参照されているかも表示します。

Our Customers
Trusted by over 10000 companies