現在のページ: ホーム > All Products > アドオン > コラボレーション > Data Integration Pack

DATA CONNECTOR - 複数の外部データソースからSharePointへのデータ同期またはその逆方向の同期が可能です。

外部データソケットに接続

さまざまな外部データソースからSharePointリストにデータをコーディングなしにラクラクインポートできます。これによりSharePointでのデータへのアクセスやデータ分析が効率よく行えます。外部データソースには以下のようなものがあります。

  • Microsoft SQL Server 2000-2014
  • Oracleデータベース
  • MySQL 5.0データベース
  • SharePoint 2010/2013/2016
  • データが常に最新

    Data Connectorは、タイマーを使用してバックグランドで自動で実行され、スケジュールプランに基づいて変更を更新します。これによりデータは常に最新のものに保てます。

    外部データの制御

    エンドユーザーは、外部データソースに接続した後SharePointからデータに安全にアクセスし、SharePointリストから外部データの追加、読み取り、更新、削除が行えます。

    外部データのフィルタリング

    テーブル、ビュー、SQL文を使用して外部データソースからデータをフィルタリングし、必要なデータのみ表示できます。

    EXCEL IMPORT - 列マッピング機能を使ってデータをExcelからSharePointリストにインポートできます。

    EXCELデータをすぐに簡単にインポート

    ExcelスプレッドシートをSharePointリストにインポートには次の3つの手順を実行します。1)SharePointリストに移動する。2)スプレッドシートを選択し.xlsx、.xls、xlsm、.csvフォーマットでアップロードする。3)[インポート]をクリックして指定したExcelシートのすべてのデータをインポートする。

    スケジューリングによりスプレッドシートを自動でインポート

    インポートジョブを作成およびスケジュールして、リモートファイル共有サーバー(FTPまたはSharePointドキュメントライブラリ(Office 365を含む))に格納されているスプレッドシートをSharePointリストにインポートします。

    SharePoint リストとExcel間にフィールドをマッピング

    Excelヘッダーを選択してSharePointフィールドにマップすると、ExcelのスプレッドシートをSharePointにインポートする前にサンプルデータを使用してプレビューできます。これにより正確な情報を瞬時に正しい場所に挿入できます。さらにExcel Importは、最後に行った列マッピングのルールを保存して次回以降のスプレッドシートを簡単にインポートできます。

    スプレッドシートから新しいリストを作成

    SharePoint Excel Importにより、フィールドマップ機能を使用してExcelスプレッドシートから新しいリストを作成したり列名や列のタイプをカスタマイズすることもできます。

    シートの連続インポート

    SharePoint Excel Importでは、1つのExcelファイルからSharePointリストへシートを連続してインポートできます。設定は繰り返し設定する必要ありません。保存済みのインポートの設定を利用することによりインポート処理を高速化でき、時間の節約および効率性の向上につながります。

    LIST SYNC - 2つ以上のリスト間でアイテムの手動または自動での同期が行えます。

    2つのリストの双方向同期

    2つのリスト間のデータやデータの変更を手動または自動で同期できます。ドキュメントやアイテムを、作成、修正、削除、チェックイン、承認されたときにリアルタイムで同期できます。

    条件を使用した特定のアイテムの同期

    事前に指定した条件で同期するアイテムをフィルタリングし、条件を満たす列のみ同期できます。

    列マッピングを使用した正確な同期

    列マッピングを使用してリスト間の接続を構築することによって、効率的で正確な同期を実現できます。マッピングの追加や削除が便利に行えます。

    さまざまなリストから列データを統合

    ルックアップ列により2つ以上のリストを接続できます。これにより、さまざまなリストの関連する列データを統合して1つの統合リストで作業することが可能になります。

    さまざまなオプションを使用した効率的な同期

    権限や添付ファイルをアイテムと同期できます。さらに、ターゲットリストとソースリストのアイテムを同期中削除するか選択することも可能です。

    LIST TRANSFER - ドキュメントやアイテムをリストまたはドキュメントライブラリ間でコピー・移動できます。

    ドキュメントやアイテムの一括コピー/移動

    ドキュメント、アイテム、フォルダ、写真のライブラリおよびリスト間の一括コピー/移動が行えます。仮想クリップボードを使用することでコピー・移動が簡単に実行できます。(ショートカットキーが使用可能)。

  • コピー: Ctrl-Shift-C
  • 切り取り: Ctrl-Shift-X (Cut)
  • 貼り付け: Ctrl-Shift-V (Paste)
  • 列マッピングによりデータ損失を防止

    列マッピングにより、メタデータを目的のライブラリやリストに安全に転送できます。すべての列タイプがマッピングに対応しています。

    転送中情報を保持

    権限、バージョン履歴、添付ファイル、作者、タイムスタンプを転送中保持できます。

    ドキュメントやアイテムの複製

    複製機能により、アイテムやドキュメントが効率的に作成できます。ただ、既存のアイテムやドキュメントを複製し、必要に応じて列の値を変更するだけです。また、アイテムやドキュメントの複製は一括で行うこともできます。

    コピー・移動機能の使用権限を制御

    セキュリティ保護の目的で、コピーや移動を行なえるユーザーを指定できます。特定のユーザーに権限を与えたり、特定のユーザーの使用を禁止したりできます。

    Our Customers
    Trusted by over 10000 companies