現在のページ: ホーム > All Products > アドオン > Excel Import

EXCELデータをすぐに簡単にインポート

ExcelスプレッドシートをSharePointリストにインポートには次の3つの手順を実行します。1)SharePointリストに移動する。2)スプレッドシートを選択し.xlsx、.xls、xlsm、.csvフォーマットでアップロードする。3)[インポート]をクリックして指定したExcelシートのすべてのデータをインポートする。

スプレッドシートから新しいリストを作成

SharePoint Excel Importにより、フィールドマップ機能を使用してExcelスプレッドシートから新しいリストを作成したり列名や列のタイプをカスタマイズすることもできます。

スケジューリングによりスプレッドシートを自動でインポート

インポートジョブを作成およびスケジュールして、リモートファイル共有サーバー(FTPまたはSharePointドキュメントライブラリ(Office 365を含む))に格納されているスプレッドシートをSharePointリストにインポートします。

SHAREPOINT リストとEXCEL間にフィールドをマッピング

Excelヘッダーを選択してSharePointフィールドにマップすると、ExcelのスプレッドシートをSharePointにインポートする前にサンプルデータを使用してプレビューできます。これにより正確な情報を瞬時に正しい場所に挿入できます。さらにExcel Importは、最後に行った列マッピングのルールを保存して次回以降のスプレッドシートを簡単にインポートできます。

重複レコードをスキップまたは更新

SharePoint Excel Importsにより、SharePointリストで特定のレコードのみを更新したいとき重複するレコードをスキップしたり、Excelスプレッドシートの不要なレコードをインポート対象からスキップしたいとき重複レコードを更新できます。

選択した項目のエクスポート

選択した項目をExcelファイルまたは.csvファイルとしてSharePointリストからエクスポートできます。この機能は、作成者フィールドまたはタイムスタンプフィールド(登録者、登録日時、更新日時、更新者)をサポートします。

EXCELファイルを使用したSHAREPOINTリストの更新

SharePoint Excel Importを使用して、SharePointリストの特定の情報を置き換える際に発生するエラーを削減したり削除できます。ExcelファイルをインポートしてSharePointリストを簡単に更新でき、時間の浪費や人間のケアレスミスにより発生するデータロスを防げます。

シートの連続インポート

SharePoint Excel Importでは、1つのExcelファイルからSharePointリストへシートを連続してインポートできます。設定は繰り返し設定する必要ありません。保存済みのインポートの設定を利用することによりインポート処理を高速化でき、時間の節約および効率性の向上につながります。

詳細のエラーメッセージ

SharePoint Excel Importでは、インポート中にエラーが発生したとき詳細のエラーメッセージを表示します。これにより、ユーザーは時間をかけずエラーを特定、確認して問題をトラブルシュートできます。

Our Customers
Trusted by over 10000 companies