現在のページ: ホーム > All Products > アドオン > ビジネス インテリジェンス > Cascaded Lookup

カスケードルックアップ

列間の親子関係を構築することによりカスケードドロップダウンフィールドを作成できます (例:国 ->都道府県 ->市)  。これにより親フィールドでの選択を基に子フィールドの値をフィルターにかけ範囲を指定し、選択肢を絞り込めます。

オートコンプリート

オートコンプリート機能を使うと、文字を入力するとき、事前に入力されたリストから候補を瞬時に検索し選択できます。この機能は検索とフィルタリングの両方に対応しています。

クロスサイトルックアップ

Cascaded Lookupは、クロスサイト機能を提供します。この機能を使用して、同一のサイトコレクションの異なるサイトからデータを取得できます。これによりルックアップの範囲が広がります。

列によるフィルタリング

抽出したデータをターゲットリストからの1つまたは複数の列でフィルタリングできます。これにより大量のデータセットを簡単かつ瞬時にフィルタリングし、必要なデータをすぐに特定できます。

複数の表示スタイル

抽出データを表示するための3つの表示スタイルがあります。ドロップダウンリスト、左右矢印<->ボックス、グリッドビューの3つが利用可能です。グリッドビューは値の大きなセットを取り扱う場合特に役立ちます。

双方向接続

Cascaded Lookup列を作成するときに自動的にリバースルックアップフィールドを作成します。これによりターゲットリストおよびソースリストのアイテム間の双方向接続が作成できます。

SharePointルックアップ体験をさらに向上させる追加の機能:

ビューによるフィルタリング

ターゲットリストで事前に定義されたビューを選択しルックアップフィールドのアイテムをフィルタリングします。これにより選択するビューを絞り込めます。

計算が可能

最新のSharePointルックアップフィールドでは、計算はできません。Cascaded Lookup列を、「計算列」の式で使用して計算できます。

アイテムの直接作成

「新しいアイテムの作成」リンクを使用して、現在のアイテムフォームから直接ターゲットリストに新しいアイテムを追加できます。これにより編集処理がさらに高速に行なえます。

重複アイテムの削除

Cascaded Lookup列では、重複値を取り除き表示でき、より効率的に値の抽出が行なえます。

関連列の表示

ターゲットリストから関連する列を抽出値に基づいてアイテム表示/編集フォームに表示できます。これにより追加情報が簡単に確認できます。

さまざまな列のサポート

さまざまな列から値をルックアップ:テキストの単一行、番号、日時、計算、作成者、修正者、バージョンなどのシステム予約フィールドの一部。

ドキュメント名のサポート

ドキュメントライブラリの「名前」フィールドから値を取得します。これによりアイテム表示フォームのファイル名をクリックしてコピーを直接ダウンロードできます。

アイコン表示

Cascaded Lookup列に、あらかじめ準備されたアイコンまたパーソナライズしたアイコンでマークを付けることができます。これにより簡単に列を特定できます。

追加列の並び替え

ターゲットリストから追加の列を追加してソースリストに表示しこれらの列の順番を変更できます。

Our Customers
Trusted by over 10000 companies