現在のページ: ホーム > すべての製品 > ワークフロー > コラボレーション > List Transfer

SharePoint List Transfer

SharePoint ライブラリやリスト間でドキュメントやリストアイテムのコピーや移動ができます。

SharePoint の標準機能に欠けていて苦労する点のひとつが「コンテンツのコピーや移動」です。SharePoint List Transfer を利用して、マウスを1回クリックするだけで、サイト間でSharePoint リスト、アイテム及びドキュメントをコピーしたり、 移動したりできます。権限、バージョン履歴、添付物、タイムスタンプ、作者など システム情報 が移行できます。

  • 説明
  • 仕様

ソリューション概要


シンプルであるからといって、機能を犠牲にしているわけではありません。SharePoint List Transferの直感的な操作が可能なインターフェースで、エンドユーザーは、すぐにSharePointをECM (エンタプライズコンテンツ管理)システムとして最大現に利用できます。

› SharePointでのメタデータを含むフォルダやドキュメントのコピー

SharePointエンドユーザーは、SharePoint List Transferを使って、SharePointでメタデータを含むフォルダやドキュメントを簡単にコピーできます。トレーニングやチュートリアルは必要ありません。

当社のソリューションでは、SharePoint独自のリボンから開始します。SharePointの任意のリストに移動し、移動したいドキュメントやフォルダを選択するだけで、このツールによりファイルを目的のライブラリあるいはフォルダにすぐに移動できます。

› SharePoint コンテンツの一括コピーまたは移動

一括操作により、SharePointでの繰り返しタスクが簡単かつ高速に行えるようになり、ユーザーのワークロードを大幅に減らすことができます。List Transfer により、SharePoint ファイル移動したり、リストコピーしたり、画像、フォルダの一括コピーおよび移動がすぐに行えます。

SharePoint list Transferスクリーンショットその2

›列の手動でのマッピング

ドキュメントやリストアイテムのコピーや移動を異なるリスト構造を持つSharePointリスト間で行うのは危険な場合があります。重要なデータを失いたくないのは誰もが思うところです。SharePoint List Transferでは、すべての列タイプをサポートし、ソースドキュメントの各フィールドのマッピングを行えるので、データの損失は起こりません。

SharePoint list Transferスクリーンショットその3

›仮想クリップボード

仮想クリップボードは、Windowsのクリップボードのように、ドキュメント、フォルダ、画像などのパス情報を格納できるコンテナです。ファイルをクリップボードにドロップした後、目的のリストやフォルダに移動し、[Paste]をクリックします。ファイルがクリップボードから取り出され、目的の場所に挿入されます。

キーボードのショートカットCtrl-Shift-C (コピー)、 Ctrl-Shift-X (切り取り) 、Ctrl-Shift-V (貼付け)を使って、簡単に仮想クリップボードにアクセスすることもできます。

SharePoint list Transferスクリーンショットその4

 

› SharePoint リストでのアイテムの複製

レコードがぎっしり詰まっている対応問題リストがあり、各レコードに20個をこえる列があるとします。そして、新しいレコードを1つ追加する必要がありますが、修正する必要がある列は2つのみで、他の列は以前のレコードと全く同じに保つ必要があるとします。これは、全く新しいレコードを1つ作り20列に入力する必要があるので、大変時間を費やす作業になります。

しかしながら、アイテムの複製機能を使えば、既存のアイテムを複製し新しいレコードを簡単に作成でき、必要な列値を修正するだけの作業で済みます。

SharePoint list Transferスクリーンショットその5

 

この製品の特長


時間はとても貴重です。このことを念頭において、SharePointでドキュメントのコピー/移動がワンクリックのみで可能なツールを開発しました。

ビジネスユーザーは、間違いを犯してしまったらお金がかかってしまうことを分かっています。たとえば、契約のコピーを間違った顧客IDフォルダにアップロードした場合、どうしますか?ファイルを削除してもう一度アップロードしますか?答えは、NOです。

ユーザーは、SharePoint List Transferを使って、クラウドにて数秒でこの問題を解決できます。このソリューションを採用すれば、ワンクリックのみでドキュメントを間違った場所から正しい場所に移動できます。

さらには、SharePointのリボンやキーボードショートカットを使用して、ドキュメントのコピー/切り取りを行い仮想クリップボードに保存し、SharePointライブラリに貼り付けることができます。自分にあった方法を選択し、時間の無駄を大幅に削減できます。トレーニングや退屈なチュートリアルは必要ありません。IT管理者はこのツールをすぐに採用でき、エンドユーザーはすぐに慣れることができます。

このツールによりビジネスをどのように改善できるか興味をお持ちでしたら、当社までご連絡ください。ライブでのデモストレーションやを30日間無料のトライアルバージョンがご利用できます。

SharePoint List Transfer を利用してSharePoint リストコピーやSharePoint ファイル移動、コピーやSharePoint ライブラリ移動などの操作を簡単に実現できます。

完全機能リスト


機能リスト List Transfer
SharePointリスト間でのドキュメント、リストアイテム、画像、フォルダのコピーまたは移動 SharePoint Alert me.
ドキュメント、リストアイテム、画像、フォルダの一括コピー/移動動作 SharePoint alert me cc
列の手動でのマッピング SharePoint alert me cc
SharePointリストでのすべての列タイプのサポート SharePoint alert me cc
目的地選択用のツリービュー SharePoint alert me, sms
アイテム権限、バージョン履歴、添付物、作者、タイムスタンプの保存 SharePoint alert me, notification condition
仮想クリップボードを使用した迅速なファイルのコピーおよび移動(SharePoint 2010のみ対応) SharePoint alert me, daily and weekly notification summaries
カスタムリスト、カレンダー、連絡先リスト、タスクリストなどの主要なリストタイプのサポート SharePoint alert me, daily and weekly notification summaries
高速なレコード作製に対応したアイテムの複製 SharePoint alert me, daily and weekly notification summaries
プログレスバー SharePoint alert me cc
重複が検知された場合の警告メッセージの表示 SharePoint alert me cc
SharePointエンドユーザーにとって使いやすいインターフェース SharePoint Alert me no enhanced
ログファイルの作成 SharePoint alert me cc

Our Customers
Trusted by over 10000 companies